< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>健康寿命を延ばそう=健康の考え方~実践 | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

健康寿命を延ばそう=健康の考え方~実践

スポンサーリンク
 

 

健康寿命が延びている現在、健康寿命を延ばそうとしている方は一体どれくらいいるのでしょうか??

長く生きられても、10年、20年、寝たきりは辛いですよね。

人生100年時代を生き抜く私達にとって、一番大切なものは、何でしょう??

私は迷わず真っ先に「健康」と答えます。

健康はすべてではない。

ですが、健康を失ったら、すべてを失う。

人生の最後まで、介護を受けたり、寝たきりにならずに、自分の手足を使い人間らしく生きる、まさに「健康寿命」の長い生き方が出来たら、私達の人生はどれ程素晴らしいものになるでしょう?

名声も、たくさんの財産を持っていても、「健康」に勝る物はありません。

ビジネスの頂点に君臨した、Appleの創業者、スティ―ブ・ジョブスは、自身の死を真近に迎えた病床で、「物質的な物は、なくなってもまた見つけられるが、なくなったら再度見つけられないものは、人生だよ、命だよ。

あなたの家族のために、愛情を大切にしてください。

あなたのパートナーのために。

あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。」

という言葉を残し、健康を大切に出来なかった自分自身を後悔し、亡くなられました。

スティ―ブ・ジョブスは、私達に大切な気つきを投げかけてくれました。

失ってから気付くのではなく、私達はこれから人間らしい生き方を見直し、健康寿命を延ばす生き方の選択が、大切ですね。

スポンサーリンク

〇平均寿命と健康寿命データ

厚生労働省の2018年に公表されたデータによると、

【平均寿命】

   〇男性-81.09才

   〇女性ー87.26才

【健康寿命】

   〇男性ー72.14才

   〇女性ー74.79才

その差は、約10年!!

つまり、約10年間、寝たきりや介護を必要としている期間があるという実体が浮き彫りになっています。

最後の10年間を、どう生きたいですか???

〇過去、現在、未来

私達の人生は、大きく3つに分かれます。

〇過去

〇現在

〇未来

過去はどんなに悔やんでも、1秒も取り戻すことは、出来ません。

私達が変えられるのは、現在から未来です!

私達は、未来への半端ない「自己愛」が、大切です。

私達は、今日から、「健康になる選択」をすることです。

そして、未来に夢と目的、目標をもつことです。

例えば、、、

「東京オリンピックに行く!」でもいいですし、

「来年は故郷に帰って、ずっと会ってなかった同級生に会いたい」という夢をもったり、

起業している方だと、「この会社を、社員の幸福度の高い会社にする」という目的をもったり。

夢、目的、目標を持っている人は、「健康」を叶えようとします。

なぜなら、健康がないと叶えられないことを、深く理解しているからです。

スポンサーリンク

食の実践

健康寿命を延ばしたいなら、腸内環境が良くなる食生活が大切だと思います。

日本人の体は、和食の文化で育つように出来ています。

日本人の体と相性のよい食事を実践してみてください。

〇玄米

〇旬のフルーツ

〇生のお野菜

〇マグロなどの赤身のお魚、青魚

〇発酵食品(納豆、お味噌汁など。。。)

を、今日から、積極的にとるようにして下さい。

体に良いものは、少量で体が「満たされたよ」とサインをおくってくるので、食べすぎることがなくなります。


 

良質な水を、しっかり飲む

人間の体は、体重の約60%は、水分で出来ています。

良質なお水、お白湯を、1日1.5リットルは最低飲むように心がけましょう!!

スポンサーリンク

筋力をつける!

今の時代は、とても便利になり、段差がない生活を求める人達も増えていますが、段差がないと筋力が奪われていきます。

不便な方が、筋力がつくんです!!

エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を選びましょう。

凄くおすすめなのが、スロースクワットや、渾身のラジオ体操を続けてみてください!!

かなり効きます!!!

今日から、実践あるのみですね!

たった1度の人生! 与えられた命! 

健康を大切にする生き方を、若い世代に伝えていくことの重要性を感じています!!!


 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする