< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>藤原真譲容疑者、藤原詩織容疑者、3歳長男を暴行し死亡させる!京都市 | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

藤原真譲容疑者、藤原詩織容疑者、3歳長男を暴行し死亡させる!京都市

引用;https://www.bing.com/

幼い命が犠牲になりました!!

3歳の長男を暴行し死亡させたのは、父親の会社員藤原真譲容疑者(22)と、

母親の無職詩織容疑者(21)です。

逮捕容疑は昨年12月5日ごろ、長男慈安ちゃんに暴行し、

同19日に収容先の病院で頭部外傷により死亡させた疑いです。

3歳といえば、一番やんちゃざかりの年頃です!

なにがきっかけで暴行に発展したのでしょうか?

スポンサーリンク

藤原真譲容疑者、藤原詩織容疑者3歳長男暴行し死亡事件概要

去年12月京都市右京区の自宅で3歳の長男に暴行を加えて死亡させた疑いで、

21歳と22歳の両親が逮捕されました。

去年12月、京都市右京区花園扇野町で母親の親族から子どもが倒れたという内容の

119番通報がありました。

駆け付けた消防が病院に運んだのは藤原慈安くん(当時3)で、

慈安くんは2週間後に脳が圧迫されたことが原因で死亡しました。

消防から連絡を受けた警察が調べたところ、慈安くんの体には頭以外にも複数の

皮下出血の痕があったということです。

捜査を進めた結果、自宅で何らかの暴行を加えて慈安君を死亡させた疑いが

強まったとして警察は父親で会社員の藤原真譲容疑者(22)と母親で無職の詩織容疑者(21)を逮捕しました。

調べに対し真譲容疑者は「しつけの範囲内でけがをさせることはしていない」と供述し、

詩織容疑者は「疑われるようなことは何もない」と二人とも容疑を否認しています。

警察によると、慈安くんは去年10月に受けた3歳児検診の際には体にアザは

なかったということです。

引用;関西テレビ

慈安くんの体には頭以外にも複数の

皮下出血の痕があったということは、日頃から虐待をうけていた

可能性大ですね!!

スポンサーリンク

藤原真譲容疑者、藤原詩織容疑者はなぜ3歳の息子を暴行したのか?

3歳といえば、やんちゃざかりです。

親はよく子供を叱る年齢でもあります!

しかし、頭部外傷でなくなる程暴行したとしたら、かなり暴力的な夫婦です!

なぜ、子供の肉体も精神も壊すような行動をとるのでしょう!!

慈安ちゃんのしつけが行き過ぎた可能性大ですね!

慈安ちゃん3歳、本来、お父さん、お母さんが大好きな年頃なのに、

両親に暴行されて、どんな気持ちだったかと思うとかわいそうでなりません!

誰も守れなかったのでしょうか?残念でなりません!

スポンサーリンク

虐待かな…?と思ったら、189に電話しよう

引用;https://katei-enman.jp/

幼い子供たちの命を未然に防ぐために、私達が出来ることを調べてみました!

自分や家族が子供を虐待しそうだったり、してしまったり、近所に虐待の可能性をかんじていたりしたら、勇気をもって、189に電話しましょう!!

全国どこからかけても大丈夫なのが189、イチハヤクと覚えておきましょう

189に電話すると自動的に機械が振り分けをおこない、最寄りの児童相談所に結び付けてくれます。わざわざ近くの児童相談所を選ぶ手間が省けるため、とても簡単です。

189は虐待されているのを確実に見た緊急性の高いときはもちろんのこと「虐待かな?」と

疑わしいレベルでも十分対応してくれます。

また虐待している・あるいは虐待してしまいそうなほど子育てに悩んでいるママやパパが

かけてもOKな番号です。

189は110番と同じくらい敷居が高い番号と思っている方が多いのですが、

実はそれほどきつい設定にはなっていません。

「本当に虐待されているかどうかは、児童相談所のスタッフがおこなってくれる」ため、

疑惑の段階で電話してしまうのももちろんOK。

迷っていて本当に虐待が行われてしまうよりは数倍マシです。

引用;https://katei-enman.jp/

スポンサーリンク

藤原真譲容疑者、藤原詩織容疑者3歳長男暴行し死亡事件まとめ

慈安ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

慈安ちゃん、どんなに痛くて怖い思いをしたかと思うと、

かわいそうでなりません!

近年、幼い命が、親によって奪われるケースが増えています!

周りが気付いていても守れないケースも多発しています!!

これは、重大な現代社会の問題点です。

児童相談所、警察、病院、学校も、社会も自分の社会的立場ではなく、

「命を守る」という目的を果たさないといけないと思います。

危険な両親から、まず子供を離すことをしないと、子供の命を守れないのでは

ないでしょうか?

児童相談所、警察、病院、学校の連携と、それぞれの子供を必ず守る!という

素早い行動と使命感が大切ですよね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする