< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>井上大輔容疑者顔画像は?住居侵入と放火の疑い逮捕!神奈川県警巡査部長 | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

井上大輔容疑者顔画像は?住居侵入と放火の疑い逮捕!神奈川県警巡査部長

引用;https://mainichi.jp/

現代は何かがおかしい!!

南署警備課の巡査部長が、以前に交際していた女性にストーカー行為の末、

アパートの敷地に侵入し、ゴミ集積場に置かれていた紙類に放火した!!

逮捕されたのは、井上大輔容疑者(40)!

放火って、殺人行為です!!‼

井上大輔容疑者は、なぜこのような行為に至ったのでしょうか?

スポンサーリンク

井上大輔容疑者住居侵入と建造物等以外放火の疑いで逮捕事件概要

 横浜市内のアパートのゴミ集積場に放火したとして、神奈川県警は18日、

南署警備課の巡査部長、井上大輔容疑者(40)=横浜市緑区長津田南台=を住居侵入と

建造物等以外放火の疑いで逮捕した。このアパートには以前に交際していた

30代の女性が住んでおり、井上容疑者はストーカー行為をしていたとされ、

4月中旬にストーカー規制法に基づく禁止命令を受けていた。

 逮捕容疑は3月上旬の深夜、横浜市内にあるアパートの敷地に侵入し、

ゴミ集積場に置かれていた紙類に放火したとしている。容疑を認めているという。

県警はアパートに住む女性から、前に交際していた井上容疑者に付きまとわれているとの

相談を受けて捜査したところ、放火の疑いが浮上した。

 県警の寺澤陽公・監察官室長は「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。

捜査結果を踏まえ厳正に対処する」と陳謝した。

引用;https://mainichi.jp/

警察官としてあるまじき行為ですが、人間としてあるまじき行為ですね!

井上大輔容疑者は、相当女性に未練があったのでしょう!

ストーカーをしても自分のところに女性の心は戻ってこず、

ストーカー規制法に基づく禁止命令を受けて、ストーカーも出来なくなって

ますます女性の気持ちをコントロール出来なくなって、井上大輔容疑者の

心は破壊的になったと想像できます。

スポンサーリンク

井上大輔容疑者プロフィール

名前 井上大輔
年齢 40歳
住所 横浜市緑区長津田南台
職業 神奈川県警南署警備課の巡査部長
逮捕容疑

住居侵入と

建造物等以外放火の疑い

放火は、火をつけた行為ですが、殺人行為であり、危険すぎる犯罪ですね!

恋人の未練から行き過ぎる行動をとる人間、怖いです!

ストーカーも相手を恐怖に追い込む恐ろしい行為です!

井上大輔容疑者顔画像は?

現時点では、顔画像は公開されていません!

スポンサーリンク

男性のストーカーになりやすい人の特徴

嫉妬心が強い

嫉妬の感情は度を越えると理性が働かなくなります。

嫉妬心の強い男性が彼女にフラれると、彼女のことが諦められずに電話やLINEなどで連絡を取ろうと一日に何十件も連絡をしてきます。

彼女から連絡が返って来ないと、自分の目で彼女の行動を監視するようになります。

別れた彼女が自分がいなくなっても、普通の日常生活を送っていることに怒りを覚え始めます。

元交際相手に新しい恋人ができたりすると怒りの感情と嫉妬心が憎悪に変わります。

憎悪に変わると、直接的な危害を加える可能性が出てきます。

別れる際は注意が必要です。

プライドが高い

ストーカーになる人の中には自分に自身があって、プライドが高い人もいます。

自分が彼女からフラれるとは思っていません。

しかし、自信過剰でプライドが高い人との交際を辛く思う女性もいます。

別れを切り出された男性は、なぜ自分がフラれなければいけないのか?、

と怒りの感情が生まれます。

怒りの感情から女性を威圧するような行動を取ります。

女性が身の危険を感じて距離を取ろうとすると、追いかけてきて危険な行為に発展します。

別れ話しをしたときに、怒りの感情によって別れないと意見を押し通そうとする

特徴のある男性には注意が必要です。

友人が少ない

頼れる人が少ないと、恋人が何よりも心の寄りどころとなります。

その恋人が急にいなくなるという現実に耐えきれない人はストーカーになってしまう可能性があります。

フラれたあとも、他に頼れる人がいないので元交際相手に近づこうとします。

しかし、もう恋人関係ではないという理性が働いているので、直接話しかけたり、

連絡はしません。

変わりに、遠くから見たり、元交際相手の行動をたどったりします。

このような行動を繰り返しているうちに理性が薄れていき、行動がエスカレートして

いきます。どこかで、完全に理性がなくなると危険行為に発展することもあるので

注意がひつようです。

引用;https://uranaru.jp/

ここから、伺えることは、嫉妬心が強くて、独占欲が強くて、感情のコントロールが

出来なくて、孤独で、友人が少ない人は、ストーカーになりやすいことが分かります。

この特徴を押さえていれば、こういう男性とは、付き合う前から何となくでも分かり

そうな気がしますので、付き合わないことだと思います!

女性によっては、こういうタイプの男性は、付き合うと他のことに意識が向かないので、

自分だけをみてくれている気がして、一途に愛してくれる安心感もあるかもしれません。

ですが、もう別れたいという気持ちになるときも来るので、その時が危険です!

職業にも惑わされないことですね!

現代は、社会的地位がある方が、犯罪を犯すケースが増えています!

この女性も神奈川県警南署警備課の巡査部長である井上容疑者に、職業的に安心感を

もってお付き合いしていたのかもしれません!

恋愛も危険予知能力が大切ですね!!!

スポンサーリンク

井上大輔容疑者住居侵入と建造物等以外放火の疑いで逮捕事件まとめ

今回の事件で感じたことは、犯罪者になる可能性のある人は

身近に潜んでいるということではないでしょうか!

相手の特徴をいち早く感じて、付き合う人を選定していく力が求められている

と思います!

友人であっても恋人であっても、付き合う人をしっかり

選ぶことにより、危険は回避できますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする