< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>プロフェッショナルに触れると、自分の生き方が変わる! | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

プロフェッショナルに触れると、自分の生き方が変わる!

プロフェッショナル!!

どんな世界にも「プロフェッショナル」と呼ばれる、超一流がいます。

私が思う「プロフェッショナル」とは、

その道の極め人。

妥協しない人。

情熱のある人。

卓越した人。

技術を磨き続けて、本物になっていく世界は、5年、10年そこらでは、まだまだ花が咲かない世界です。

だからこそ、やり続ける人が少ないです。

そんな中で、磨かれたものは、まさにダイヤモンドのように輝いています。

人も技術も!!!

私が触れた「プロフェッショナル」①劇団四季「キャッツ」

14才の時におこずかいをためて大阪まで観に行った、劇団四季ミュージカル「キャッツ」でした。

素晴らしくて、ワクワクして、感動して、最後は涙が止まらなかったのです!!

「キャッツ」の何が素晴らしかったのか???

会場の装飾、しかけ。

会場全体が、ゴミ捨て場で、すべて猫の目線でゴミが大きく作られていました。

自分が野良猫になった気分です!!!

ゴミの中に、大阪ならではの、阪神タイガースのグッズがあって楽しさ倍増です!!

ステージが回転しました。

客席の近くのあらゆ場所で猫が出入りしたり、隠れたりするしかけがいっぱいです!!

俳優さんの動きとダンス

俳優さんの動きが、とにかく猫そっくりなんです!!

ちょっとしたしぐさまで、猫!!

ダンスシーンがとにかく多くて、みんな軽やかに飛び上がります!!

体にバネがついてるみたいです。

猫の軽やかさを、再現しています。

ダンス力が、凄いです!!

歌唱力、名曲

「キャッツ」の代表的なナンバー【メモリー】は、アンドリュー・ロイド・ウェバーの作曲で、世界的な名曲です。

物語のラストで、グリザベラが歌い上げる【メモリー】は、魂に響く歌声です!!

14才の私は、涙が止まりませんでした。

「キャッツ」は、舞台装飾~俳優さんのダンス、歌唱力まですべてが圧巻でした。

お客様が隅々まで楽しめる工夫に溢れています。

劇団四季は、常に私の想像を超えてきます!!

これこそまさに、夢を売る「プロフェッショナル」ですね!!

私が触れた「プロフェッショナル」②XジャパンのYOSHIKI

【YOSHIKI クラシカル コンサート2018】

このコンサートは、XジャパンのYOSHIKIさんが、開催しているコンサートでオペラ、

バレエ、オーケストラとYOSHIKIさんのピアノを融合した、クラシックコンサートです!!

きっかけは、母の古希のお祝いを何にするか、決めかねて母に尋ねたところ、「【YOSHIKI クラシカル コンサート2018】に行きたいと、母が言ったのです、。

お祝いなので、奮発して8万円のVIP席をとりました。

VIP席のスペシャルサービスで、リハーサルを見ることが出来ます。

初YOSHIKIさんとのご対面!!

YOSHIKIさんの印象!!

ズバリ!!

テレビで観るそのままでした!!!

リハーサルはすべて英語!!!

そして、本番!!!

私は、涙が止まりませんでした。

生きることの素晴らしさを、訴えるコンサート!!!

仲間を失ったXジャパンの歩み、YOSHIKIさんのの破壊と苦しみの中から、見出した魂の叫びでした!!!

YOSHIKIさんのピアノは、失った仲間への愛に溢れていました。

ゲストで登場した、ラルクアンシエルのハイドさんも素敵でした♡

最後にYOSHIKIさんが言っていた言葉、私の心に凄く響いたので、皆様に贈ります!

「どんな過去でも未来を素晴らしいものにすれば、過去はすべて正解となる。

過去は未来によって変わる!」

スポンサーリンク

「プロフェッショナル」との出会いは、人生を変える

劇団四季もYOSHIKIさんも、私に大きなギフトを与えてえました。

「プロフェッショナル」は、魂に響きます!

伝えたいメッセージが、愛と優しさと強さと、上質で深い思想に溢れています。

だから、感動するんだと思います。

どんな世界でも一流になりたいと思う人は、是非一流に触れるべきです。

「プロフェッショナル」を、肌で感じに行ってみてください!

その向こうにある、汗と涙の結晶が、私には見えました。

何かが変わります!!

確実に!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする