< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>千田信広容疑者顔画像は?ランニング中の公務員をひき逃げの疑い!東海市 | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

千田信広容疑者顔画像は?ランニング中の公務員をひき逃げの疑い!東海市

引用;中京テレビNEWS

ひき逃げ事件が発生しました!!!

愛知県東海市の路上で、ランニングをしていた公務員の男性(44)をはねて逃走、愛知県東海市の会社員・千田信広容疑者(53)が逮捕されました。

事件の真相にせまってみたいと思います!

スポンサーリンク

千田信広容疑者、ランニング中の公務員をひき逃げ事件概要

 愛知県東海市の路上で、男性(44)を車ではねてけがをさせ、そのまま逃げたとして、男(53)が逮捕されました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、愛知県東海市の会社員・千田信広容疑者(53)です。

警察によりますと、千田容疑者は先月15日、東海市内の路上で軽乗用車を運転中、ランニングをしていた公務員の男性(44)をはねて、腕を打撲するなどのけがをさせたにも関わらず逃走した疑いがもたれています。

防犯カメラの捜査などで千田容疑者が浮上し、逮捕に至ったということです。

調べに対し、千田容疑者は「車で人をはねたが逃げたわけではない」などと容疑を一部否認していて、警察は当時の状況を調べています。

引用;中京テレビNEWS

千田容疑者は「車で人をはねたが逃げたわけではない」などと容疑を一部否認していています。これは、どういう意味なのでしょうか??

人をはねて、けがをさせて、救急車を呼ぶなどの救護をおこたり、そこから自分がいなくなったら、逃げたことになるのではないでしょうか。

防犯カメラが証拠となり、逮捕に至りました。

スポンサーリンク

千田信広容疑者とは!

名前 千田信広
年齢 53歳
住所 愛知県東海市
職業 会社員
逮捕容疑  ひき逃げなどの疑い

ひき逃げされた男性は、ランニング中の公務員男性で、腕を打撲するなどのけがをしています。

千田容疑者53歳なので、家族もいて、会社では幹部クラスになっている可能性があります。

それを失うことや、今後起こりうることを考えたら、怖くなって逃げた可能性も考えられますね!

現代は、防犯カメラも張り巡らされていますので、逃げ切れることはまずないですし、捕まるまで本人も尋常な精神では過ごせないと思いますね!

千田信広容疑者顔画像は?

現在のところ、公開されていないようです。

千田信広容疑者ひき逃げ事故現場

愛知県東海市内の路上です!具体的な場所などは、分かっていません。

スポンサーリンク

千田信広容疑者が受ける可能性がある刑罰

引用;https://弁護士刑事事件.com/

千田容疑者は、人をひいたことは認識して、逃げている可能性が高いです。

今後どのような刑罰が待っているのでしょうか!

ひき逃げ・救護義務違反の定義とは

ひき逃げは、法律上、道路交通法上の救護義務違反といいます。

救護義務については、道路交通法の72条に規定があります↓

交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(略)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。

ひき逃げと刑期、ひき逃げで救護義務違反になったら懲役は何年?

(略)人の死傷が当該運転者の運転に起因するものであるときは、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

自分でひいてしまっておいて、救護せずに逃げ出した場合、

10年以下の懲役

100万円以下の罰金

いずれかになります。

まとめ・ひき逃げ・救護義務違反の刑罰

懲役 罰金
刑罰の内容 一定の期間、刑務所に収監して刑務作業を行わせる刑罰 一定の金銭を強制的に支払わせる刑罰
ひき逃げの場合 10年以下 100万円以下

引用;https://弁護士刑事事件.com/

今回の事件で、一番の闇は、千田容疑者が、救護を怠って逃げたことでしょう!

スポンサーリンク

千田信広容疑者、ランニング中の公務員をひき逃げ事件まとめ

今回の事件で思うことは、社会的な立場や家族、大切な人が頭をよぎって逃げてしまった可能性を感じます!

交通事故は、誰しも加害者にも被害者にもなる可能性は、高いと思います。

ですが、ピンチに立たされた時に、その人の本性が明らかになり、誠心誠意をつくすのか、逃げてしまうのかに分かれると思います。

逃げるという行為は、絶対にあってはいけないですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする