< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>自分のメッセージを伝えたい人へ=伝わる人になる方法教えます。 | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

自分のメッセージを伝えたい人へ=伝わる人になる方法教えます。

スポンサーリンク

私達は、言葉という手段を使って、日々プレゼンテーションをしています。

すべては「伝わる」ために!!

ところが「伝わる」ことは、簡単ではありません。

「伝える」と「伝わる」は、違います。

もし、「伝わる」ことが増えたら、私達の人生はどのように変わるでしょうか??

まずは、イメージが大切です。

スポンサーリンク

伝わると人生は変わる

〇営業マン⇒契約件数が増えます。

〇美容師さん⇒指名が増えます。

〇社長さん⇒社員から信頼され、いい会社づくりが出来ます。

〇セミナー講師⇒伝わらなければ、セミナー講師は務まりません!

「伝わる」ということは、まさに「人を動かす力」「説得力」です!!

「会社」「商品」「職業」「自分」に絶対的な自信を持っていることが大切です。

そして、たぎるような熱い思いがあっても、「相手の器までしか伝わらない」という単純な法則を知るべきです。

まず、人に聞いてもらいたければ、6つのポイントが大切です

①相手の目線におりて、話をします。

②相手の目を見て話します。

③伝えたいことと、相手が求めていることは違うことを理解しておきます。

④一方的な話をしないようにします。

⑤例えを使ってイメージしやすくします。

⑥理論的に話します。

聞き手は、自分の願望を満たすために役立つか、メリットがあるかどうかを瞬時に判断しながら聞いています。

また、「このままだと問題が起きますよ」「損失が起こる可能性がある」などの、身の危険に関する話にも真剣に、耳を傾けます。

5つの気配り

①相手の願望に焦点をあてた話をします。

②イメージが沸かない話は、人を動かすことは出来ません。

③相手に共鳴、共感をもってもらうためには、自分自身が内容を熟知しておくようにします。

④話題の選択、話の流れを誤らないことです。

⑤自分の感動を素直に表現します。

人は自分に関係の話に興味を持たないし、関心を寄せない存在です。


伝達の極意

①同じ目線で話します。

上から目線は、言葉に出さなくても伝わってしまいます。熱心でも気に障ると感じられてしまい、心の壁が出来てしまいます。

②話す時の癖をチェックします。

「あ~」「え~」などが入ったり、無意識に耳障りになっていることがあります。

問題があるなら改善しましょう。

③間の取り方

間は、とっても大切です。聞かせたい言葉に、インパクトを与えます。

④相手の目をしっかり見る

人間は、目と目を見てコミュニケーションをとる存在です。

誠実さが伝わります。

⑤落ち着いた親しみの持てる態度で話します。

話し手が緊張して、落ち着きのない態度で話したら、聞いている人に伝染します。

親しみは、笑顔です。

⑥否定的な表現を話に入れないようにします。

謙遜は否定的な表現と捉えられてしまいます。気をつけましょう。

相手のために話す

話をするときは、相手中心であることです。

話し始めたら無意識の世界に入っていくことです。

伝えたいメッセージを明確にして、これまで蓄えてきた経験、いまあるものすべてをストレートに表現していくことです。

相手の望みを自分の望みにすることです。

理解しなければ、人は動かない

「起承転結」は、あらゆるストーリーの構成です。

始めに注意、興味をグッと惹きつけ(起)、次に購買意欲(承)を起こさせ、連想から最終的には決断、行動(結)にもっていくよう働きかけます。

セールスの現場では、「今、結論が出せない」という方がいます。

そんな時は「よく分かります」と、同意します。そしてもう一度必要性を伝えます。

投資金額よりも多くのメリットがあることを、納得して頂けるよう伝えます。

「本質的」「長期的な視点」「客観的」な視点で、結論に導いていきます。

「心」は、人を動かす

「人を思いやる」「家族を思いやる」「親を思いやる」「仲間を思いやる」それが愛です。

「相手のために」という真心です。

「思い」とは、「愛」です。

「伝わる」人生を!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする