< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>トイレ死産出産後、清掃員胎児誤って流した件。これってどうなの! | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

トイレ死産出産後、清掃員胎児誤って流した件。これってどうなの!

スポンサーリンク

引用;© 朝日新聞社 さいたま赤十字病院=2019年5月15日午後5時9分、さいたま市中央区、宮脇稜平撮影

皆さま、いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。

本日、信じられない、ニュースが飛び込んできました。

さいたま赤十字病院で今年3月、トイレで死産した胎児を、清掃員が

赤ちゃんの存在に、きずいていたかどうかは分かりませんが、

流してしまったというのです。

詳しい概要は、こちら!

概要

 さいたま赤十字病院(さいたま市中央区)で3月、

死産した胎児がトイレで流されていたことが、市保健所などへの取材で

わかった。

入院中の同市の女性(36)がトイレの便器に座った際に産み落とされ、

女性が別室に移動して待機中、清掃員が過って流したという。

その後も発見されず、病院は女性や家族に謝罪したという。

同保健所などによると、女性が死産したのは3月19日午後3時10分ごろ。

4日前に胎児の心肺停止が確認され、女性は同18日から分娩(ぶんべん)のため入院していた。

同行した夫(39)によると、分娩室に入った女性は尿意があったため、

医師の許可を得てトイレに行った際に胎児を死産。

職員の指示で分娩室に戻って待機していたところ、

トイレを流す音と病院職員の悲鳴が聞こえたという。

病院側は「心よりおわび申し上げる」などと文書で女性と家族に謝罪。

清掃員のマニュアルを改訂するなどの再発防止策を明らかにしたという。

同病院医療安全管理課の担当者は15日、朝日新聞の取材に対し、

「現段階でコメントできない」とした。

夫婦は胎児の名前を考え、写真や手形を残して埋葬することにしていた。

夫は「空っぽの骨つぼに祈る日々。

妻はトイレを流す音がトラウマになり、体調を崩している。

絶対に同じことが起きてほしくない」と声を絞り出した。(山口啓太)

引用;https://www.msn.com/

ネットの声

san

これは双方とも気の毒ですね。清掃員の方も、
まさかトイレの汚物に胎児が混入してるとは思わなかっただろうし、
14週ならよくよく確認しても、わかりづらい大きさだと思うし。
妊婦さんも、まだ指先ほどの大きさの我が子とは言え、
姿を見てみたかっただろうし、小さくても命には変わりないから、
それが一瞬で下水に流されたと思うと…
トラウマになる気持ちもよくわかります。
これは病院側がどうにか気を付けてもらわないと。
名無しさん
便器内の胎児を引き上げるのは少なくとも清掃員ではなく
医療スタッフの仕事でしょう
。医療スタッフのオペレーションに問題がある事を清掃員に
責任転嫁するのはおかしい。
この記事のタイトルも不適切なので改めるべきだ。
名無しさん
赤ちゃんを産み落とした後に普通すぐ使用禁止にしないか?
清掃員じゃなくたって他の患者さんが入ってしまう危険性もあっただろうに。
これは明らかに清掃員は悪くない。
まさかに赤ちゃんが産み落とされているなんて想像しないだろ。
でも親御さんの辛さはいかばかりか察するに余りある。
かわいそう。
名無しさん
これはちょっと清掃員を責めたらあかんような気がする…
名無しさん
流した職員も気の毒。
流し忘れと思ったんだろなあ。
カエル
そりゃあ流すと思う。
血液やら、何か判らない物が流されずにそのまま。
きれいにするのがお仕事ですもの。
職員の悲鳴が聞こえたなら、そこに居たのかな?
それとも、外した時にそうなったのか。
病院側も、想定していないと。
teto
分娩室に入ってからの排泄を許可した医師にも責任があるのでは?
胎児も14週とのことで小さいですし、母体が感じた尿意は陣痛だった可能性も
十分あると思います
。私は分娩室に入ってからの排泄は感染症の心配などもあるのでと
断られました。
清掃員の方も気の毒です。病院側の管理体制に疑問を感じました。
名無しさん
清掃員の方もトラウマになってしまうかもね。
もし便器に何かあっても
マジマジと確認なんてしたく無いしね。
仕方ないというには忍びないけど中々無い事だからこそ難しい。
名無しさん
産み落としたまま、その場を離れた事が問題でしょう。
死産の子を置いて・・・
清掃員の方が気の毒です。
スポンサーリンク

まとめ

ネットの反応は、清掃員の方を、気の毒に感じている意見が、圧倒的に多かったですね。

今回の出来事は、すごく不思議な気がいたします。

まず、病院の対応ですが、トイレで死産で出産した胎児をすぐに、

引き揚げてあげなかったことです。

迅速にそこは、やるべきではないでしょうか?

そして、死産とはいえ、母親の方もすぐ我が子を抱きたいと思うのでは、

ないでしょうか?

清掃員の方も、まさか赤ちゃんがトイレの便器の中にいるとは、思いも

しなかったと思います。

ただでさえ、産婦人科ですから、便器のなかに血液がにじんでいたり、

うまく流れていなかったりは、ざらにあると思います。

赤ちゃんだときずいていれば、流すことはなかったと思います。

今回の出来事は、「病院の過失」に他ならないと私は感じました。

清掃員の方が、とても気の毒です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする