< script>   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({     google_ad_client: "ca-pub-3145155845474833",     enable_page_level_ads: true   });< /script>奇跡!ハワイで遭難女性アマンダ・エラーさん!イノシシの巣で眠り生還! | 人生100年時代を生きる、最も大切な法則

奇跡!ハワイで遭難女性アマンダ・エラーさん!イノシシの巣で眠り生還!

感動の、奇跡のニュースが飛び込んできました。

スポンサーリンク

概要

ハワイの森で行方不明となり、16日後に救助されたヨガ・インストラクターのアマンダ・エラーさん(35)!

なんと!!イノシシの巣で眠り、植物食べて生還したのです。

理学療法士でもあるアマンダ・エラーさん。

8日に、マカワオ森林保護区で3マイルのハイキングをしようとしたが、

翌日、密林で道に迷った。

倒れた木の上に横になって目を閉じ瞑想していたが、ハイキングを再開した際、どちらの方向に戻ればよいか分からなくなったという。

サバイバルな16日間

どんな16日間だったのか?

20フィートの高さの土手から落下、膝をひどく負傷し、

足首は切り傷を負い、感染して腫れた。転んだ翌日、

靴は鉄砲水で流されてしまった。

夜は野生のイノシシが放棄した巣穴で眠り、昼は谷川をはだしで歩き、

植物を食べて生き延びた。

捜索隊のヘリコプターは上空を20回近くも飛び去っていったといい、

「見つけてくれないのではないか」と絶望したという。

それでも「この旅はわたしにとって非常に精神的なものだった」といい、

「現代世界のあらゆる快適さをはぎ取られた後、残っていたものには、

驚くべき美しさがあった」と語った。

ハイキングの準備が十分できていなかったこと、携帯電話を持って行かなかったことについて「無知だった」と悔やんだ。

できるだけ早く職場に復帰することを望んでおり、

2週間ほどで松葉づえが要らなくなる見込み。

引用;https://jp.reuters.com/

アマンダ・エラーさんは、なぜ生還できたのか?

アマンダ・エラーさんは、理学療法士であり、その知識をいかし、体調管理を

したようです。

川の水を飲み空腹を紛らわせ、木の実を食べ、蛾(が)を捕まえて、食べたり

していたようです。

イノシシの巣で眠っていました。

アマンダ・エラーさんは 「生きるか死ぬかの状況で、生き抜くことを

選んだ。

苦しみや痛みを伴っても、死ぬことを選択したくはなかった」と、語っています。

 引用;http://www.news24.jp/

生還の瞬間のマランダ・エラーさん!

生きるために、戦ってきた力強さを、笑顔の向こうに感じます!!

体重は、7キロ減っていたそうです。

最後に

今回のマランダ・エラーさんの生還は、生きるために、まともな神経では到底できないことも、やってのけた賜物だと思います。

また、人は、窮地にたたされた時に、凄い力を発揮するのだと思いました。

しかし、イノシシの巣の寝心地は、いかがだったのでしょうか?

寝心地を聞いてみたいです!!

恐ろしくて、ぐっすり眠れない気がします(;’∀’)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする